スポンサーサイト

  • 2012.04.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1月13日(木)

遅ればせながら2011年、明けましておめでとうございます。
昨年は、9月のパキスタン出張に行ってから、年末まであっという間でした。

12
月に入り、さすがに疲れが溜まってきて、体がだるいと感じる日が多くなったきたこともあり、急遽クリスマス前に休暇を取ることにしました。

行き先は、南アのジョージというところで、昨年のワールドカップ期間中、日本代表がキャンプをしていたところです。宿泊先も同じところにしました。

Fan Court
というリゾート施設で、なんといってもここの売りは、南アでトップ20に入るゴルフコースが3コース併設していて、しかも宿泊客とコースメンバーにしかコースが解放されていないので、いつでも好きなだけゴルフができます。

なので、部屋のすぐ外にはこんな風景が・・・・。



何とも、ゴルフ好きにはたまらない所なのです。そしてコース管理が徹底されているだけあって、全てのホールが凄く綺麗でした。でも、難しかった・・・・・2コース回りましたが、両コースとも90は切れませんでした。

悔しいので、最終日にはプロのレッスンを受けて、色々と練習方法を学んできました。

さすがはお金持ちの日本代表が選んだ場所だけあって、頼んだ洗濯物がこんな素敵な箱で運ばれてきたり(点子感動!)、スパがあったり(点子感動!)と至れり尽くせりでした(レストランだけは、普通でしたが・・・)


もうひとつのジョージの売りは、ガーデンルート。これはケープタウンからポートエリザベスという町を結ぶ南ア最南端の湾岸線で、海岸線の景色や新鮮なシーフードが有名ですが、特に牡蠣は牡蠣祭りが開催されるほど有名です。

そして、今回の旅でゴルフ以外の密かな目標は、長年食わず嫌いを続けてきた牡蠣を克服することでした。高校時代、ニュージーランドでムール貝にあたってのた打ち回って以来、貝類が苦手になり、それでも何とかイタリアでムール貝を克服し、好きになったのですが、牡蠣は20年以上一口も食べていませんでした。

ジョージに到着後、その牡蠣祭りが開かれるナイスナという町のレストランに入り、注文した牡蠣。緊張しながら一つ目を口にすると、

全然大丈夫でした・・・・。

まあ、食べた牡蠣が消化されるまでは、人知れず緊張していましたが・・・。
滞在中、数回食べ慣れてきたので、これからは積極的に色々な牡蠣を試そうと思います。

ゴルフ三昧で、シーフードにも満足し、仕事の疲れを癒すことができました。

ハラレに戻った後は、クリスマス・年末は静かにハラレで過ごしました。というよりも仕事が休みの日は殆どゴルフしてましたが・・・。

相変わらず点子は、家の遅いインターネットと悪戦苦闘しているので、オフィスからアップしました。

本年もよろしくお願いします。

点子・Big One



9月9日

久しぶりの登場ですが、今日からパキスタンへ出張に行って来ます。

洪水被害に対する支援で、急遽先週の土曜日に出張が決定し、しかもチケットは片道なのでどのくらいの出張になるのか不明です。

ということで、今アメリカで、どっちでも良い宗教団体が、9月11日にコーランを焼却する予定らしいが、是非中止して頂きたい。そもそもこんなことを大きなメディアが取り上げるから大きな外交問題にまで発展するのであって、無視すれば「仲の良い人たちが集まって、ある一部の人たちに重要な本を間違えてキャンプファイアーに使った」くらいで済むのではないだろうか・・・。

向こうでネットがつながっているようだったら、パキスタン情報をアップします(多分知りたい人は少ないと思いますが)。

そして、ゴルフは数ヶ月間できません(当たり前か)。
この前南アに行ってから、自分のゴルフがレベルアップしたと感じていて、82位を連発して、とうとう先週末39・39の78の人生ベストスコアを出したばっかりなのに・・・。

それでは、元気に行って来ます。

8月31日(火)

25日はBIG ONEのお誕生日でした。その週末にオフィスの人達や
友人を呼んでお誕生会をしました。


合計30人くらいと大人数だったので、日本食のケータリングをしている友人にお寿司を
お願いしました。
その他用意したお料理は
おつまみ・・ サーモンのパテ・アボカドのパテ・チーズ・ナッツ
前菜・・ クスクスサラダ・ラタトゥュ・パプリカマリネ・インゲンとベーコンの蒸し物
      豆腐のチリソース
メイン・・ お寿司(マグロ・巻物イロイロ)・鳥のから揚げ・プチコロッケ・お好み焼き
      (ネギ玉・ベーコン玉・シーフード玉)
デザート・・ ピーナツバタークッキー・抹茶のカップケーキ・ガトーオショコラ(3台)

お寿司や揚げ物はケータリングにお願いして、点子はサラダやマリネ等の野菜料理
とデザートを作りました。
ガトーオショコラは日持ちがするので、パーティがある週の月曜から一日1個ずつ
焼いてました。

ベジタリアンもいたので野菜料理を多めに。
お好み焼きはBIG ONE自らがみんなの前で実演。外国人の友人達はお好み焼き
の美味しさにビックリしていました。さすがおたふくソース。

準備は大変だったけれど、みんなに喜んでもらえてパーティをした甲斐がありました。
良かったねBIG ONE。おめでとう。



1月7日(木)

明けましておめでとうございます。

昨年暮れから、ブログは点子に任せっきりで全く記事を投稿してませんでした。

 

11月は、日本に1ヶ月帰国し、美味しいものを食べ、友人たちとも会い、ゴルフも3ラウンドして、豚フルではなく普通の風邪も引いて、とても充実した滞在でした。

 

12月1日に帰国してからは、年末もカレンダー通りに31日まで働いてました。年末年始は、以外にも仕事が沢山あるのに、欧米並びにジンバブエ人は殆ど休みを取るので、単純に残っている人に負担がかかってます。まあ、来週にはみんな帰ってくるから、いいか・・。

 

ゴルフは、毎週ラウンドしてますが、ハラレは雨季まっ最中でく蒸し暑いからか、前半良くて後半疲れて崩れるというパターンが多いです。そして、相変わらずドライバーとアプローチに悩んでいます。

 

そういえば、ここでの仕事について書いたエッセーがUNフォーラムというホームページに掲載されました。日本語ですのでどうぞ時間のあるときに読んでください。http://www.unforum.org/field_essays/37.html 

 

今年の目標は、現在の仕事の契約が終わる年なので、次のポストを獲得できるようすること。そしてゴルフでは、クラブハンデを12以下にして、クラブチャンピョンシップのAクラスに出場すること(そして80切りも・・・)です。

 

そして今年は、もう少しまめにブログに投稿します。


皆様にとっても本年が実り多き一年になりますように!!


10月8日(木)


ある日のBIG ONEのお弁当。大人の地味弁当。


干し大根・人参・厚揚げ・しいたけの煮物
ルッコラのお浸し
マグロソテー・葱醤油ソース・マッシュルーム添え
白米・梅干し

毎日お弁当を作っています。とはいえ、点子がお弁当を詰めるのは夕ご飯の後すぐ。
大体が夕ご飯の残り物です。朝一から作るのはチャーハン弁当の時くらい。
毎日の事は手間を省かないと続きませんからね。

残り物のお弁当とはいえこの日はちょっと豪華でした。マグロです。マグロ。
以前はマグロなんて全然スーパーには置いてませんでした。が、最近になって
家の近所の2件のショップで見かけるようになりました。素晴らしい変化。

そして点子ママお手製の干し大根と梅干し。ルッコラも自家製です。ルッコラはハーブ
の一種なので水撒きさえしておけば、勝手にぐんぐん育ってくれます。
サラダ・パスタにいれるだけでは、ぜんぜん減らないのでこうしてお浸しにするとぐんと
かさが減って大量に消費できます。栄養も豊富なすばらしい野菜です。

厚揚げは友人が日本食のケータリングを行っているのでそこから買いました。彼女は
他にお豆腐と納豆も作っています。もちろんお鮨も。食材確保に大変そうですが、色々と
工夫をして頑張っているみたいです。

とっても和食なお弁当ですが、毎日こんな風ではありません。
一週間の内ご飯が3・パスタが2・それ以外は麺か外食といった割合なので、夕飯が
イタリアンだった場合ラザニア弁当になったりもします。時々サンドイッチ弁当も。
お米は貴重ですから!!

パスタは本当はディチェコ派ですが売って無いのでバリラ・素麺は揖保の糸の黒帯・
ラーメンはマルタイ棒ラーメンです。素麺と棒ラーメンは日本から大量に持って来ましたが
そろそろなくなりそう。

時々手打ちうどん・ラーメンも作ったりします。
日本に比べて乾燥が激しいので、水の割合はちょっと違いますが結構美味しく出来ます。
時々パンも焼くので、こちらに来てからすっかり粉料理が好きになりました。水と塩を加える
だけで麺になったりイーストを入れればパンになったりと粉料理は面白いです。
 
結構充実している食ライフ。そう思えること自体が幸せです。

さて今晩は何を頂きましょうかね。









9月23日(水)

 

 共有の中庭からお家を望む。夕方撮ったのでちょっと暗め。

 私達はコンパウンドに住んでいます。塀で囲まれた巨大な公園の中に住んでいる
 感じです。門番は24時間体制で常にいますし、夜中は犬を連れて警備の人が巡回
 してます。そしてセキュリティアラームとセイフへブンも完備。

 セイフへブンは鉄格子みたいな物で、メインベットルームに通ずる全てのドアに取り付け
 られてます。とっても丈夫で壊そうとしてもなかなか壊れないらしいです。

 来た当初は警戒してちゃんとアラームもONにしてましたし、BIG ONEが出張で1週間
 留守にする時は神経を研ぎ澄まして眠っていました。
 が、人間は慣れる生き物です。
 今やアラームを付けずに寝て、出張時はベット独り占めでゆうゆうと眠っています。

 とても自然豊かで静か。朝は鳥の鳴き声で目が覚めます。
 
 

 こんな鳥も庭に出現。

 お隣さんは大家さんのご両親が住んでいます。お母さんがビーズショップを経営
 していて、我が家の地下はその工房になっています。
 常に3〜4人のビーディングレディーズが作業をしています。我が家のメイドさんも
 家の仕事の合間にアクセサリー製作をしています。
 そんなビーズショップのお話はまたいつか。

 家にはメイドさん(バーバラ)とお隣さんと共有のガーディナー(ダニエル) 
 がいます。バーバラは住み込みで週末だけお家に帰ります。ダニエルは毎日
 2時間かけて自転車で通ってきます。
 二人とも物静かで良く働きます。バーバラはちょっと私の祖母に似ている(あくまで
 雰囲気がですよ!)ので何だか安心します。

 良くメイドさんと馬が合わないとか、物を取られるとか良くない話を聞くので私は
 気が合う人で良かったなあと思っています。

 私は田舎育ちなので家の玄関は常にオープンでしたし、常に家の敷地内に複数の
 人の気配を感じながら育ってきました。そのせいか、割とすんなり家族以外の人が
 複数居るという環境になじめたような気がします。

 もうすぐこちらの生活も1年が経とうとしています。住めば都のジンバブエです。

 追記:この記事を書いた後で前夜に泥棒がこのコンパウンドに一瞬ですが侵入していた
    事が判明。他の家で車を盗もうとして、逃げる途中でこのコンパウンドに入り込み
    セキュリテイアラームが鳴ったので、驚いて他へ逃げていったらしい・・・・・
    住人は気が付かず(私達も家のメイドもお隣も)スヤスヤ眠っていたのね。
    今夜からはまたちゃんとアラームをONします!!
    

   
 
 

 


 

 

 

7月7日(火)

昨晩、妻が南アから帰ってきた。

 

今回は、友人のつてで冷凍の海産物を大量に持って帰ってきた。マグロ(さく及び塊)、気仙沼からの秋刀魚、イカ、わかめ等のほか、なぜか納豆もついてきた。

 

早速今日は、マグロの刺身と秋刀魚を焼いて、納豆も食べた。まるで日本。ジンバブエでこんなに海産物が食べられるなんて夢のよう。ウィーンにいたときはほぼ毎月魚を注文していたが、ジンバブエでは、魚を買えても匂いがきつい淡水魚のみなので、自宅で生のマグロを食べられるとは思わなかった。

 

まだまだ沢山残っているので、古くならないうちに堪能したい。

 

最後にジンバブエ情報をひとつ。

ここ数週間、ディーゼル及びガソリンが手に入りにくくなってきている。しかも、苦労して手に入れたディーゼルに不純物が混ざっていて、車や発電機が故障したという話も良く聞く。もちろん問題は政府にある(らしい)。誰にこのことを聞いても、政府が悪いとは言うのだけれど、なぜこの問題が起きているのかは分からない。大統領が支配しているテレビや新聞も全く当てにならないので、できることは毎日スタンドの様子をチェックすることくらい。

 

自宅は電気が殆どカットされないからよいものの、発電機を毎日のように使う家では大変だろう。しかも、今ジンバブエは冬で、朝夕は気温が10度以下になり、レンガ造りで断熱材が入っていない家はとても寒い。


6月11日(木)

昨日、所長から英雑誌Economistのリンクが送られてきた。


http://www.economist.com/markets/rankings/displaystory.cfm?story_id=13809770&CFID=60119081&CFTOKEN=49449091


記事は、世界の主要都市の“住みやすさ”をランキングにしたもの。

 

ハラレが堂々の最下位にランクされていた。

 

どのような基準でランキングが作られたのかは不明(お金を払わないと詳しい記事は読めない)だが、世界にはハラレよりももっと住みにくい都市もあると思うけどな・・・。病院が機能していない、主要インフラ(水・電気)が殆ど機能していない、学校に先生がいない、伝染病がすぐに流行ると問題は多々あるけれど、これらは他のアフリカ諸国にも当てはまる。ここは、人は穏やかだし、犯罪は未だ少ないし、天候はいいし、ゴルフとテニスもできるんだけどな。

 

でもこれは、自分がジンバブエ人じゃなく、外国人で現地人の何倍もの給料をもらっているから感じられることなんだな、多分。やっぱり、自分がジンバブエ人だったら、ここに住みたくないと思う・・・。

 

そういえば、昨日からとうとう自宅のパワーカットが始まった模様。ここ数ヶ月、電気が無くなることが皆無だったけれど、昨日は日中3時間、今日は朝7時から電気がない。これまでが異常だっただけだし、「あー、パワーカットね。」くらいであまり驚かなくなった。でも、ここに住み始めた頃は、この世の終りくらいにあせって、水を確保したり発電機をどうやって動かすのか分からなくてウロウロしたな。

 

とはいっても、早く回復して欲しいのが本音です。


5月30日(土)

 

久しぶりのゴルフ@Royal

 

20日ぶりのラウンドなので、ワクワクだ。が、まだまだ腰が不安なので、スイングをコンパクトにするよう心がける。

 

最初の3ホールくらいは、さすがに芯に当たらない。アウトは、フェアウェイキープ2ホール、パーオン1ホールの50。まあこんなもんかな。インは、ドライバーの調子が良くなり、12番からは3ホール続けてフェアウェイキープ、そしてパー。このままいけば、40台前半がでるかなーと思って4オーバーで迎えた17番、ティーショットを力んで右に引っ掛ける。2打目はよせばいいのに4番アイアンで2メートルほどの間を狙い、案の定木にあたりブッシュへ。3打目はSWで出すだけ。4打目で漸くフェアウェイにでたが、5打目はグリーン手前、6オン2パットの8。18番も、ドライバーを左に引っ掛ける。力みすぎ。体が疲れてくるとどうも力で打とうとしてしまう。2打目は出すだけ。3打目はグリーンに乗らず、4オン2パット。何と2ホールで6オーバー。ゴルフ怖い。結局46で終了。50・46の96で36パット。アプローチの感覚が戻らないとパットも減らない。

 

久しぶりのゴルフは、楽しめた。明日もBorrowdale Brookで回るかな。

5月29日(金)

 

昨日、よく行くステーキレストランで、牛肉のタルタル(生肉が刻んであり、その上に卵の黄身がのっているユッケ的な食べ物−これを食べる度に、この国で生肉を生の黄身で食べること自体チャレンジングだと言われるけど、やっぱり肉も魚も生がうまいです)を200グラムも食べてしまったため、体がびっくりしたのかよく眠れなかった。

 

朝一番で、ドナーとのミーティングがうまくいき、今後もファンドが取れそうなので一安心。

 

今週も良く働きました。週末はゴルフできるかな〜?


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM