スポンサーサイト

  • 2012.04.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


10月20日

点子です。

さて私はBIG ONEが日本入りした翌日から甲府に行って来ました。

目的は甥っ子に会う事。兄は5月から甲府勤務になりました。
兄家族は職場も住居も南相馬市でした。震災の影響で職場が甲府に移転
になったそうです
二人とも地元を離れる事にはとても抵抗があったみたいですが、職を失わない
で済むし小さい甥っ子(3歳)への健康影響を考えての決断だったみたいです。

母と妹と東京駅で合流し甲府へ。私は1泊でしたが存分に甲府を楽しみました。
ぶどう狩り・ワインの試飲・武田神社・ほうとうなど。

それにしても暑かった・・・・
日本の夏は3年振りだったので湿気のある暑さにすっかり参ってしまいました。

真夏にほうとうは暑いのでは?と思ったけれど、やっぱり美味しかったです。
写真はトリモツ。B級グルメですって。すっごく甘くて不思議な味でした。ビールには
合うけど。

兄もお嫁ちゃんも甥っ子も元気そうで安心しました。
相馬は遠く離れてしまったけれど、家族が一緒にいられればそれだけで幸せなん
だと思います。

また来年遊びに行くよー。






10月09日

 日本から帰国して、あっという間に1か月が経過しました。


ジンバブエは、冬も終わり、夏と雨季の到来を伝えるジャカランダが満開です。



うーん、色がアフリカっぽい。でも、この時期、気候が本当に気持ちのいいです。ついつい昼寝をしたくなるような日が続いています。

さて、3週間の移動続きの旅行は、体力的にも精神的にも過酷で、通常の生活リズムに戻るまで結構時間がかかりました。

Big Oneのクライストチャーチ訪問は、高校時代にお世話になった、というよりもNZの母親ともいうべきポーリンの墓参りでした。今年の6月頃、10年ぶりに癌が再発し、急性白血病で当初の見通しよりも何か月も早く、7月の終わりに亡くなってしまいました。

本当は、生きているポーリンに会うための訪問の予定だったのですが、亡くなる直前に電話で話す事が出来たのがせめてもの救いでした。



残された夫のジョンや娘たち、そして姉夫婦等と久しぶりに会うことができ、悲しみを分かち合うことができ、短い期間だけど本当に訪問して良かった、自分は考えていたよりもNZに”属している”ことを改めて教えられました。



雪が残っていたりしたけど、滞在中は、NZらしい突き抜けるような青空の晴天続きでした。でも、日本の東北地方と同じく、2月に大地震に見舞われたクライストチャーチの町は、中心が立ち入り禁止になっており、至る所に倒壊した建物等がありました。きっと、時間はかかるだろうけれど、またガーデンシティーと呼ばれるような素敵な街に戻ると信じています。

その後、NZから日本に帰国し、点子と合流し、東京の実家に数日滞在した後、従弟の結婚式に出席するためにハワイに行きました。

その報告、そして相馬訪問のアップはいつになることやら・・・。

P.S. ラグビーのワールドカップが開催されています。Big Oneはあまり見ないTVにかじりついて、第二の母国NZのオールブラックスを応援しています。来週は、とうとうオーストラリアとの準決勝。事実上の決勝戦でしょう。87年大会以来の優勝だ!!

8月24日

今、人生最長の14時間のトランジットを経験中。

この国で、



こんな物や、



こんなものを



食べています。



行列のできるお粥屋台。

おばちゃんが丼に指を突っ込みまくったり(もしかして味の最終調整?)、自分の丼が乗るプレートがすでにかなり汚れている等、衛生状況は褒められたもんじゃないけど、

ここの魚粥絶品でした!!

このためだけにシンガポールに来る価値ありです。

シンガポールのトランジットはが2時間以上ある場合、町に出なきゃ損です。おいしいものがゴロゴロあります。

これからクライストチャーチに数日滞在し、オークランド、シドニー経由で東京へ。

東京帰ったら2週間のうちに、ハワイと福島にも訪問します。



7月13日

毎日寒い日が続いています。

寒いけど、日中はぽかぽかすることもあり、家庭菜園は順調です。



小松菜、青梗菜、



ほうれん草



かぶに、



大根が収穫を迎えています。

無農薬、新鮮な野菜を食べて寒い冬を乗り越えます。

もうすぐ立派な白菜ができるので、白菜鍋が楽しみです。

Big One

6月28日

冬真っ只中のハラレです。

外で太陽の下でゴルフをしている時は半袖・ショートパンツでも平気ですが、
家の中に居る時はニットにフリースに足元はムートンブーツです。

家の作りが夏仕様なので、寒いのです。とっても。
この寒さは7月一杯続きます。8月下旬くらいからはまた暖かくなるはずです。

さて、そんな冬にぴったりなのはホットチョコレート!
最近ホットチョコレートを作るのに最強のダークチョコレートを手に入れました。

カカオの産地別にインドネシア・ヴェネズエラ・マダガスカル 各180g

カカオ100%のチョコレートです。
BBCのlifestyleで「Willie’s Chocolate Factory」という番組をもっている
Willie Harcourt−Coozeというイギリス人のチョコレート。
彼はカカオの生産〜チョコレートバーへの加工・包装まで全て自分の農場・工場
で行ってます。

番組は彼がカカオに対する熱い情熱を持ち、ヴェネズエラの農場でカカオを育て
イギリスで工場を立ち上げ、イギリスのスーパーで売って貰えるまでの長い道のり
を記録した物です。とっても面白いですよ。

レシピ本と食べ易いタイプのバーもあります。

彼曰く100%のチョコレートはお菓子よりも料理に使った方がいいらしいです。
なのでレシピ本には普通のお料理のレシピも沢山載っています。鶏の煮込み
やボロネーズソースとか!

その彼のレシピのホットチョコレートは25gのカカオを50mlのお湯で溶かし
お好みで蜂蜜を入れただけ!!
とびきり濃厚で大人のホットチョコレートです。苦いのですが癖になります。
カカオは健康に良いのでまさしく良薬は口に苦しですね。

これでジンバの冬を乗り越えます。






5月9日(月)

悔しい・・・。

先週の土曜日と日曜日、点子とBig Oneが所属するゴルフクラブで、クラブチャンピョンシップが開催されました。去年は、ローマでのトレーニングと重なって出場できなかったので、今年は満を持して(?)の参加でした。

クラブチャンピョンは、2日間のグロススコアのトータルで決まるのですが、プロ、シニア、のほかにメンズ、レディースのA,B,Cディビジョンがあり、それぞれ2日間のネットスコア(グロスからハンデを引いたもの)でディビジョンごとの優勝者を決めます。

ハンデ20の点子は、レディースBディビジョン(ハンデ20−30)、ハンデ12のBig Oneは、メンズのBディビジョン(ハンデ11−16)にそれぞれ出場しました。

1日目、Big Oneは、いつもプレするメンズティーよりも後ろに設置されたチャンピョンシップティーにもめげず、40・45の85(ネット73)と健闘しました。1日目終了時では、ディビジョンの3位につけていたので、優勝のチャンスも十分にあったのですが・・・。

迎えた2日目、ラウンド前の練習もこなし、やや気負い気味にスタート。しかし、緊張のためかどうしても体から力が抜けず、ショットの感覚がホールを追うごとにおかしくなっていきました。結局47・52の99(ネット87)というとても残念が結果で2日目が終わり、もちろん優勝争いからも脱落・・・。

悔しかったけれど、2日間連続でプレッシャーの下でプレーするという良い経験ができました。そして、緊張したときの自分の実力の無さを痛感しました。素直にもっとうまくなりたいと思いました。もっと色々な人とラウンドする経験が必要かな?

点子はというと、余り調子は良くなかったみたいですが、ちゃっかりレディースBディビジョンの2位になり、商品をもらっていました。こういう大会でことごとく商品をもらうのには頭が下がります。

来年は、出場できるか分かりませんが、また参加して雪辱したいです。
そういえば、赤カブの収穫をしました!!小さいけれど、とってもみずみずしくて、美味しかったです。


4月13日(水)

お久し振りです。点子です。

あの大地震の日から1ヶ月が過ぎましたが、まだまだ避難生活を余儀なくされている
方々が多くいる事を思うと不憫でなりません。

点子の実家は相馬市なので原発は近いですが(約45キロ)、幸い家は無事で(ひび
は入ったようですが)、一時避難はしたものの今は普通に生活を送れている事をとても
幸せに思います。

作付け延期が解除になり、田植え、夏野菜に向けての準備に点子の両親は励んでいます。
今年の秋にまた美味しいお米が取れるといいな。

頑張る両親を見習ってBIG ONEが最近家庭菜園を始めました。

枝豆です。立派に育つかな?


頑張れ日本

今回、日本に一時帰国にした際に撮影した相馬港の姿です。点子とBig Oneは、東北新幹線に乗って仙台に行き、そこから常磐線で今回被害がひどかった名取や新地などを通って相馬の点子の実家に行きました。この2週間後、地震が起きて、10メートルの津波がここを襲いました。自分の人生を左右したものとは何なのか、色々と考えさせられます。



下のリンクを見ると、日本という国が世界の中でどれほど重要であり、愛されているかがわかると思います。他の国の大震災にこれほど多くの国が支援をしてくれるでしょうか?

http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/index2.html#shien 

復興までにどれほどの時間及び費用がかかるかは分かりませんが、日本は諸外国が驚くスピードで復活を遂げると信じています。頑張れ、日本、頑張れ、日本人!!

最後に、3月11日に撮影した我が家のアイドル、アントンの写真を。
いち早く、普通の日々が送れるようになることを遠いジンバブエから祈っています。

 

大震災

今回の大震災にでお亡くなりになった方々のご冥福を祈念いたします。また、震災によって被害を受けた方々、また、避難生活を余儀なくされている方々にお見舞い申し上げます。

点子及びBig Oneは、羽田空港において今回の地震に遭いましたが、幸いなことに2時間後には飛行機が出発し、ジンバブエに予定通り戻ってきました。

点子の家族は、福島県相馬市に住んでいますが、家族・親族全員無事でした。現在は、原発被害を考慮して山形県に避難しています。

毎日、ニュースをチェックするたびに、この震災の被害の大きさを目のあたりにし、被災者の方々の苦労を考えるたびに心がつぶれそうになります。

今後、長期に亘る、大変な復興作業が開始します。これから復興に携わっていく、自分を含めた全ての日本国民に、Big oneがこれまで、常に心にに思ってきた座右の銘を送ります。

"Fight one more round. (もう1ラウンド戦おう)

When your feet are so tired that you have to shuffle back to the center of the ring, fight one more round. (足が疲れてリングの中央に足を引きずって戻らなくてはいけない時、もう1ラウンド戦おう)

When your arms are so tired that you can hardly lift your hands to come on guard, fight one more round. (腕が疲れてガードをするために腕を上げられない時、もう1ラウンド戦おう)

When your nose is bleeding and your eyes are black and you are so tired that you wish that your opponent would crack you one on the jaw and put you to sleep, fight one more round (鼻から出血して、目もはれていて、相手が顎にパンチを決めてマットに沈めて欲しいと思う時、もう1ラウンド戦おう)

Remembering that the man who always fights one more round is never whipped." (常にもう1ラウンド戦う人間は絶対に簡単には負けない)

日本という国は、絶対に復活します。

最後に、日本人と同じように、多くの外国人の方が今回の震災で被害を受けています。もし、そんな外国人を見かけることがあったら、是非、声をかけて助けてあげてください。彼らは皆さんの助けを待っています。

2月3日(水)

ご無沙汰しております。
早いものでもう2月ですね。今月中旬には1年3ヶ月振りに日本へ休暇帰国します。
楽しみです。ワクワク。

さて、1月のある日友人夫妻が帰国(コロンビア人)との事で我が家で
送別会&寿司レッスンをしました。
というのも、奥さんがシェフで前から是非寿司を習いたい!!と言っていたので簡単な物なら
と私が教える事になったのです。

招待したのは7人(コロンビア人夫婦・スイス人夫婦 あ、奥さんはスパニュッシュ系・アメリカ人夫婦等)。
皆やる気まんまんでした。

伝授したのは手毬寿司と巻き寿司。
用意したネタはフレッシュなマグロとスモークサーモンにツナマヨやキュウリ等。

まずは点子が手順やコツを教えます。

続いて実際に自分でやってもらいました。

奥から(スイス人のマーク・コロンビア人のアンドレアス・アメリカ人のマーク)

結構みんな上手に出来き、誰のが一番上手か後から来た友人に採点してもらったり
しました。

お寿司が自分で結構簡単に出来ると分かったみんなは、作る事が面白くなったらしく
用意したマグロ600グラム・スモークサーモン30切れはあっと言う間にお寿司に早や代わり
しました。(写真を撮り忘れました・・・・)
それでもまだ、作りたそうだったのでゆかりふりかけを巻き寿司にしたり。

作った後は皆で試食。
自分が作ったとなると美味しさもひとしおだったらしく、全て綺麗に無くなりました。

お寿司以外に用意したお料理は、
・サラダ
・キュウリの即席漬け
・ナスのしょうが風味揚げ浸し
・揚げ豆腐の野菜餡かけ
・野菜の精進揚げ

デザートはガトー・オ・ショコラのバニラアイス添えでした。

みんなでワイワイ楽しみながらの寿司レッスンはとっても楽しくて大好評でした。
大好きなお寿司が自分で作れる様になったとみんな鼻高々でしたよ。

喜んでもらえてよかった。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM